キャリア・副業

なぜ体育会系は「営業に強い」と言われるのか解説【メリットやデメリットも紹介】

日本では、営業職に就くには体育会系が有利と言い伝えられています。

また就職活動でも体育会系学生が有利と言われてきており、体育会系を好む企業も少なくありません。

今回はなぜ体育会系は営業に強いと言われるのかを解説します。

体育会系は営業職に多い?

体育会系は営業職に多い?

営業職は、多くの企業が体育会系の部活で活動してきた学生を多く採用するイメージあります。

実際に営業職に就く学生の中で体育会系出身の人も多いです。

体育会の部活に所属していた印象として「礼儀正しい」「上下関係に揉まれている」「理不尽に強い」など、メンタルでカバーできるイメージが強く持たれていました。

営業は精神的負担が大きいポジションであるためタフな人が好まれます。

体育会系が営業に強いと言われる理由

体育会系が営業に強いと言われる理由

営業に強いと言われる体育会系ですが、なぜ営業に強いと言われるのか理由を解説します。

上司から言われたことには従順

体育会系色が強い企業の多くは、上司が言うことは絶対という企業方針が形成されています。

日本の体育会系の部活は、後輩が先輩に気を遣ったり先輩に対する尊敬を大事にするなど、厳しい上下関係の中で活動します。

会社の方針に従って行動してくれるイメージがあるため、体育会系出身者を欲しがる企業が多いのです。

怖いもの知らずなイメージがある

会社の市場規模を大きくしていくには、未開拓の営業先にも積極的に飛び込めるメンタルの強い人材が貴重になります。

体育会系は勢いで一歩目を踏み出せるイメージがあり、未開拓の企業にも恐れず飛び込める精神的強さを求めています。

新規開拓は会社を大きくしていくには避けて通れない道であるため、新規の営業先へスムーズに飛び込める人材は貴重です。

忍耐力がある

企業が体育会系に求めるものとして大きな割合を占めるのが忍耐力です。営業には門前払いをされたり嫌な顔されたりと良いことばかりではありません。

そのため、どんな嫌な思いをしても耐えられるタフさが営業には求められるのです。

営業の多くは獲れた契約数によって給料も増えたりするため、タフな人材は給料も上がりやすいメリットがあります。

営業成績も体育会系は上がりやすい?

営業成績も体育会系は上がりやすい?

体育会系はタフさと度胸があるイメージから「営業成績も体育会系の方が良いのでは?」と思う人も多いと思います。

では、体育会系出身の営業マンは営業成績が上がりやすいのかを解説します。

必ずしも体育会系が上とは限らない

体育会系出身営業マンが営業成績が上がりやすいかと言われたら、必ずしもそうとは言い切れません。

勤めている業種や取引先の人柄にもよるため、体育会系のノリがすべてに通用するわけでもないからです。

相手方が得られるメリットをしっかり伝えるのも大事で、相手の立場になって考えられる人間性も必要です。

勢いはあるが戦略を立てられない人もいる

体育会系の中には勢いは十分にあるが、中身が薄くて業績に結びつかない営業マンも存在します。

体育会系の中には戦略を考えずに勢いだけで営業してしまう人も少なくありません。

いかに相手がメリットを感じて気持ちよく契約してくれるか、相手の立場に立った営業活動ができるかが業績を伸ばすカギとなります。

体育会系でも営業が苦手な人もいる

体育会系は営業が向いていると強く思われていますが、体育会系の中でもコミュニケーションが苦手で営業に向かない人もいます。

営業で会社に入ったものの、自分には合わず精神的にキツい思いをしている営業マンもいます。

営業が合っていると思って入社したが、イメージとは違ったというパターンもあるので体育会系全員が営業に向いているとは限りません。

体育会系が営業職に就くメリット

体育会系が営業職に就くメリット

体育会系は営業職に強いイメージが持たれていますが、体育会系が営業職に就くメリットはどんなものがあるのかを解説します。

規律に重んじた行動ができる

体育会系の部活の多くは部内に規律を設けています。

企業でも規律は設けてられており、社内の規律を守って行動できる人を企業は欲しがります。

体育会系の人材は規律に従うのが体に染みついているため、社内の規律に早く染められるのも体育会のメリットです。

上下関係にすぐ馴染みやすい

体育会系は上下関係がある環境で過ごしてきた人が大半であるため、会社にある上下関係にもすぐ順応できる特長があります。

特に体育会系の色が濃い企業では、学生時代の体育会系部活で過ごしてきた経験は活きやすいと言えます。

目上の人が下に求めていることを読み、素早く行動に移せるとさらに気に入られるでしょう。

理不尽にも耐えられる精神力がある

体育会系には理不尽な上下関係や部の伝統によるキツい慣習を耐えてきた人が多いため、営業でも理不尽や嫌なことに対する忍耐力が活かせます。

中には営業ノルマに厳しく毎日のようにノルマを追求されたり、営業電話を強要する企業もあることでしょう。

しかし部活時代の理不尽な出来事を経験しているため、会社で理不尽なことがあっても対処できる人が体育会には多いのです。

体育会系が営業職に就くデメリット

体育会系の営業職への就職はメリットが目立ちますが、デメリットも存在します。

では、体育会系が営業職に就くデメリットを解説します。

服従関係に疑問を抱きづらい

企業の中には「上司の言うことは絶対」と教育をしているところもあります。

体育会系の多くは先輩の言うことに従う習慣の中で長く過ごしているため、上司と部下の服従関係に疑問を抱きづらいのが難点です。

体育会系に有利な就職先と言われても、社員一人ひとりを大事にしてくれる企業かを見分けることも必要となるでしょう。

新しいものを生み出す発想力が培われにくい

体育会系の営業は上から言われたように動く人が多いため、自分が考えて新しい案を提案する能力が培われにくい部分もあります。

上に従って言われてきたことを遂行する習慣が体に染みついているため、自分が考えて先輩に提案することが苦手になるのです。

会社を大きくするには個々の創造力は欠かせないものであるため、従うだけの環境にいる体育会系学生は自分で考えて生み出す力を培う必要があります。

営業職につくには適正と企業を見分けることが大事!

今回は体育会系が営業に強いと言われる理由やメリット・デメリットを紹介してきました。

就活をする際は、体育会系出身でもしっかり企業を分析して適性を知ることが大事です。

部活が忙しく就活にあまり時間が取れない場合は、就職エージェントを利用するなど部活と就活を両立できるようにすると良いでしょう。

就活は今後の人生に大きく左右するイベントであるため、できる限り良い選択ができるよう工夫にも力を入れてみてください!

体育会系学生おすすめ就職サイト

こちらの記事もおすすめ!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。