キャリア・副業

Webライターの年収っていくら? 現役ライターの僕がぶっちゃけます

今のご時世、本業だけでは厳しく副業を始める人が増えています。

副業もさまざまある中で、気軽にとりかかりやすいのが「Webライター」です。

この記事を読んでいる方の中には、本業としてライターで食っていきたい人もいるかと思います。

「本業ライターの年収っていくら?」
「ライターは儲からない?」

そんな疑問を持つ方に向けて、この記事ではWebライターの年収について自分の体験ふまえてぶっちゃけていきますぞ!

Webライターの年収相場

Webライターの年収相場を見ていきましょう。

以下マイナビ転職が発表したWebライターの平均年収です。なお、正社員、契約社員、フリーランスの3パターンでの平均年収を掲載しています。

正社員ライター445万円
契約社員ライター200~300万円
フリーランスライター200万円未満~1,000万円以上
参考:マイナビニュース「フリーライターの平均収入は? 副業でwebライターとして稼ぐコツを紹介

正社員ライター:445万円

正社員ライターの平均年収は445万円とされており、日本の平均年収である461万円よりも若干低くなっています。

ただし、企業によっては年収500万円以上いく場合もあるため、正社員で年収を多く稼ぎたい方は大手企業に勤めるか、スキルを磨いて年収アップを狙うのが大事です。

契約社員ライター:200~300万円

契約社員ライターの平均年収は200~300万円となっており、正社員よりも100万円以上低くなっています。

これは“下請け”としての雇用が大きく影響しているのではないかと。

ただし、契約社員ライターも会社によってもっと年収が高かったりするので、会社の年収情報をしっかり調べておくと低賃金の会社に入らず済みます。

フリーランスライター:200万円未満~1,000万円以上

さて、フリーランスライターの年収を見ていきましょう。

フリーランスって聞くと「めちゃくちゃ稼げるのでは?」と思うところですが、実際のところ200万円~1,000万円とピンキリなのが現実です。

フリーランスライターは会社とは違って自分で仕事を獲得しなければなりません。

そのため、仕事がまったく取れなければ月に10万円も厳しくなりますし、仕事がたくさん取れたりすると月50万円以上も狙えます。

フリーランスライターの年収は、その人の腕と営業力に大きく関わってくるのです。

筆者のライター年収

これまでそれぞれ雇用形態別で年収について解説してきましたが、「ではお前は年収いくらなんだ?」と気になるところですよね。

年収の内訳は別の記事で解説しますが、僕の今年(2022年)のライター年収はおよそ600万円前後で着地しそうです。

ちなみにフリーランス1年目は年収およそ250万円と、最低限の生活ができる程度でした。

フリーランスライター2年目で約600万円は早いのか遅いのかはわかりませんが、やり方次第では未経験からでもこのくらいは稼げるんだなと感じました。

Webライターの単価の種類

Webライターの単価には以下3つのパターンがあります。

  • 文字単価
  • 記事単価
  • 時給

では、それぞれ解説します。

文字単価

文字単価とは、1文字ごとの単価をいいます。

1文字0.5円で5,000字書けば1記事2,500円、1文字1円で5,000字書けば1記事5,000円と計算できます。

レベル別でのおよその文字単価は以下のとおりです。

初心者レベル0.1~1円
経験者レベル1~3円
プロレベル3円~

初心者のうちは高単価案件を取るのが難しく、比較的単価の低い案件からスタートするのが一般的です。

しかし、1円以下となると文字を数多く書いても報酬がなかなか上がらず、モチベーションを保つのがきつくなります…。

せめて文字単価1円を獲得できるようにしたいところですね。

初心者でも1円であれば案件が取れる可能性もあるので、まずは文字単価1円を目指してみましょう!

記事単価

先ほどの文字単価とは違い、1記事で単価が決められているのが記事単価です。

記事単価の場合、明確な文字数が決められていないこともあり、あってもおよその文字数を指示されるパターンが多いです。

記事単価があらかじめ決められている場合は、どんな文字数でも記事単価分の報酬となります。

レベル別でのおよその記事単価は以下のとおりです。

初心者レベル1,000~3,000円ほど
経験者レベル3,000~2万円ほど
プロレベル2万円~

もし文字数が明確な中での記事単価制であれば、記事単価÷文字数で文字単価を出すことも可能です。

時給

ライター業には「時給制」で雇用している会社も存在します。

時給の場合は業務委託契約での雇用がほとんどでおよそ1,500〜4,000円ほど。

時給制であれば、執筆スピードにとらわれず一定の報酬が受けられるため、スピードに自信がない方におすすめの形態です。

Webライターの年収が上がる仕組み

Webライターの年収がどのように上がっていくのか解説していきます。

年収が上がる仕組みは以下3パターンです。

  • ライティングスキルが高い
  • ライティング以外のスキルがある
  • 専門知識や資格がある

ライティングスキルが高い

ライティングスキルが高いのも年収を上げる上で欠かせない要素です。

ユーザーの悩みを解決に導く的確な文章を書き、サイトのPV数増加に貢献してクライアントの利益アップにもつなげる。これがライティングスキルの高いライター像です。

もちろん読みやすい文章作成も必要ですが、ユーザーに刺さるようなライティングテクニックもスキルとして必要です。

ライティング以外のスキルがある

Webライターの仕事は記事を書くことだけではなく、構成を考えたり、装飾や画像選定など文章を書く以外のスキルも必要です。

中には文章を書くだけの高単価案件も存在しますが、それは専門性がかなり高い記事に限られるでしょう。

大抵は執筆以外でのスキルが単価アップには必要です。

専門知識や資格がある

ライターで稼ぐ上で専門性は大きな武器となります。

資格を持っていたり、過去に専門性の高い仕事の経験がある場合は単価も高くなる傾向です。

なぜ専門性の高い案件は単価が高いのか。それは専門知識があっても会社に文章作成スキルの高い人が少ないからです。

そのため、専門性があるほどライバルも減り高単価案件を獲得しやすくなります。

Webライターで年収を上げるために大事なこと

Webライターで年収を上げるために大事なポイントを4つ解説していきます。

  • コツコツ継続する
  • 単価の高い案件を選ぶ
  • 専門性を身につける
  • 常にアンテナを張る
  • 市場の大きいジャンルを選ぶ

コツコツ継続する

初心者でライターの仕事をする場合、はじめは文字単価1円未満であることがほとんどです。そのため、最初は思うように稼げないことを念頭に置いた方がいいです。

執筆を重ねるうちにライティングスキルが向上し、クライアントにスキルを認められると文字単価をアップしてくれることがあります。

スタートはしんどいかもしれませんが、地道に記事を書いて文章スキルを磨き、クライアントに認めてもらえるまで続けることが大事です。

単価の高い案件を選ぶ

ライターの年収を上げるには高単価案件を選ぶのが王道です。ある程度実績が付くと、それがアピールポイントとなり高単価案件が獲得しやすくなります。

1文字1円以上の案件であれば、10,000字書くことで10,000円稼ぐことが可能ですし、文字単価が2円になれば5,000字で10,000円稼げます。

初心者から高単価案件を獲得するのは難しいので、まずは自分でブログを立ち上げて記事を作るか、低単価案件で実績を積んでから高単価案件に挑戦するのが吉です。

専門性を身につける

先ほど高単価案件の多くは専門性が高いと説明しましたが、専門性を身につけることで高単価案件が獲得しやすくなります。

例えば、金融系ならFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ることで金融系に詳しいイメージを与えられます。

美容に詳しければ美容に特化した案件を取ってもいいですし、専門知識が複数ある場合はジャンル幅を増やして仕事を取るのもありです。

専門性は、効率よく単価を上げるにはもってこいのスキルといえます。

常にアンテナを張る

高単価案件はいつ目の前に転がってくるか分かりません。

そのため、案件に対するアンテナは常に張っておいたほうがいいです。

クラウドソーシングサイトやTwitterなど、案件応募が頻繁に行われている場所をくまなくチェックし、チャンスを逃さないようにします。

チャンスはいたるところに転がっているため、単価アップを目指す場合は案件募集のサイトを隅々までチェックしておきましょう!

市場の大きいジャンルを選ぶ

ライターとして稼ぐには、単価以外に市場の大きさも深く影響してきます。

例えば、美容や金融、ITなど世界的に共通しているジャンルは単価も高い傾向です。

自分の得意ジャンルで始めるのも選択肢の1つですが、慣れてきたら市場の大きいジャンルにシフトチェンジしていくのも年収アップにつながります。

まとめ

Webライターの年収はピンキリで200万未満の方もいれば1,000万円以上稼いでしまう方もいます。

ライターの年収はジャンルや単価によっても変わるため、多く稼ぐのであればスキルアップとジャンル選びは重要項目です。

執筆スピードが上がるほど時給換算した時に高時給となっていきますので、Webライターへの挑戦を考えている方は地道にスキルを身につけていくようにしてください!

こちらの記事もおすすめ!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。