技術・理論

【野球選手はやるべき!】野球選手がバドミントンをやるメリットについて

どうも!タカシです!

野球やっていると様々な練習法を耳にしますよね?

練習法は他のスポーツから引用されることもありますが、その中でもバドミントンは野球に活きてくるスポーツの一つです!

こんな悩みがあるあなた向けの記事

悩み

野球以外のスポーツで野球に活きるスポーツを知りたい

悩み

バドミントンが野球にどう活きてくるのか知りたい

悩み

球速や送球を改善したい

上記の悩みがあるあなた向けに、野球選手がバドミントンをやるメリットについて解説していきます!

バドミントンはとてもオススメ出来る練習法です!

野球選手がバドミントンをやるメリット

40年前のエース

バドミントンが野球に活きるか・・・
興味があるぞ。

タカシ

バドミントンは野球においてかなりいい影響があると見ています!

野球というスポーツは一人に与えられる役割が多いスポーツです。

  • 打つ
  • 走る
  • 守る
  • 投げる

このように、バットでボールを打ったり、全力で走ったり、ボールを捕って投げたりなど多くの役割があるのが野球です。

その分様々な練習法があるのも野球というスポーツの特徴でもあります。

では、バドミントンが野球にどのような効果を発揮してくれるのかをこれから解説していきます!

・野球選手がバドミントンをやるメリット

  1. 投げ方が改善される
  2. 投球に角度が付く
  3. リリースに力を集中でき球速が上がる
  4. 怪我防止にも効果的!

それぞれ解説していきます!

投げ方が改善される

40年前のエース

バドミントンのスマッシュの形って投球に似ているよね

タカシ

似てますね!バドミントンのラケットの振り方を身に付ければ投球改善にも繋がります!

バドミントンのスマッシュを打つ形は野球の投球や送球をする際の形に似てると思いませんか?

スマッシュを打つとき、ラケットをトップの位置に持っていって上からラケットを振り下ろします。

スマッシュの際の振り下ろす形が野球の投げ方とかぶるので投球や送球に繋がるのではないかと言われています!

動画を見て頂くと分かりますが、野球の投球にかなり似ていますよね!

しかも上から投げ下ろす投げ方と同じ腕の振りをしています。

そのためバドミントンは、投げ方を改善したい選手にとって有効的な練習方法にもなるのです!

投げ方を良くしたい選手はバドミントンをやるのが効果的

投球に角度が付く

40年前のエース

オーバースローに似ているから投球に角度が付きそうだね!

タカシ

そうですね!投げ下ろす形になるのでボールに角度が付くメリットもあります!

バドミントンでスマッシュを打つ形というのは、野球のオーバースローの形になるので投げ下ろす形になります。

そうなるとボールにも角度が付いてきます!

ボールに角度が付けば、投手であれば低めの伸びのあるフォーシームを投げられ、野手であれば低い送球で早い連携プレーが出来ます!

投球や送球に角度を付けたい選手もバドミントンをすると良いです!

投球や送球に伸びや角度を付けたい選手もバドミントンが効果的!

リリースに力を集中できる

40年前のエース

バドミントンをやっていると羽根を打つ瞬間に力入れるから、投球のリリースにいきてきそうだよね!

タカシ

そうですね!リリースの瞬間に力を集中させるのにもバドミントンは効果的です!

バドミントンをやっていると、スマッシュ打つ時に打つ前から腕に力は入りませんよね?

恐らく多くの方が羽根を打つ瞬間に力を集中させるはずです。

羽根を打つ瞬間に力が入る感覚は野球の投球のリリース時に力を入れる感覚に似ているのです。

リリースに力を入れることができればボールを強く叩けて球速と球威が増します!

スマッシュでラケットを振る瞬間と野球のボールをリリースする瞬間は似ている

肩肘への負担軽減に効果的!

40年前のエース

バドミントンをやると肩肘に負担がかからない投げ方も身に付きそう。

タカシ

その通りで、バドミントンで振り下ろす動作を繰り返すと肩肘に負担がかからない投げ方も身に着けれます!

投げ方が悪い選手だと肩肘に負担がかかりやすくなります。

投げ下ろす投げ方を身に着けることが出来れば、ゼロポジションと言ってリリースの瞬間に投げ手の肘から肩甲骨にかけて一直線になるポイントで投げることが出来ます!

投げ下ろす癖をつけると肩肘にかかる負担を減らすことが出来るので、バドミントンで投げ下ろす癖をつけることが大事です!

バドミントンは結果肩肘にかかる負担も軽減できる

バドミントンは野球に良い影響を与えてくれる!

40年前のエース

バドミントンはボールを投げる際にかなり良い効果が発揮できそうだね!

タカシ

そうですね!野球選手もバドミントンを練習メニューに取り入れてみてほしいですね!

バドミントンはボールを投げることに対してかなり良い効果が期待できます!

ラケットを振り下ろす動作はボールに効率良く力をぶつけることに貢献し、ボールに力強さをを与えてくれます。

また、投げ方改善にも繋がるので取り入れてほしい練習法です!

高校3年間バドミントン部所属で150km/h投げた投手がいる!

40年前のエース

実際にバドミントン部の部員が投球を鍛えれば速い球が投げられそうだよね!(笑)

タカシ

実はいるんですよ・・・高校3年間バドミントン部で150km/hを投げる投手が・・・

バドミントンは投球動作に似ていると言っても「さすがに150km/hを投げる投手はいないだろう」と思われますが、実はいるんですよ・・・

その投手とは、トクサンTVやスポーツ報道でも紹介されていた高校3年間バド部で150km/h投手杉浦健二郎投手です!

ご覧の通りブルペン投球でも150km/h近い速球を投げてますね!

杉浦投手は2019年のBCリーグトライアウトを経て神奈川ドリームフューチャーズへの入団を勝ち取りました!

真っ直ぐ、変化球ともにキレがあり、肩肘の使い方が柔らかい投手なので是非NPBへ行ってまた騒がれて欲しいと思います!

150km/hを投げる元バド部は実在していた

投げ方の改善や投球・送球の伸びを身に着けたい選手はバドミントンを練習に取り入れてみて下さい!

こちらの記事もおすすめ!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。