技術・理論

17年間現役でプレーした私が断言する子供のころからホームランバッタ―を目指すべき理由4つ

どうも!タカシです!

少年野球をやっている子供たちの多くはプロ野球選手が打つ特大ホームランに憧れています!

子供たちも「プロ野球選手のような大きなホームランを打ってみたい」と思うもの。

ですが、実際に将来ホームランを打つためにはフルスイングを少年野球の段階からやっておいたほうが良いのです!

こんな悩みがあるあなた向けの記事

悩み

子供のスイングが小さい

悩み

子供が野球を楽しそうではない

悩み

子供にホームランを打たせてあげたい

上記の悩みを持つあなた向けに、本記事では少年野球の頃からフルスイングしてホームランを狙うべき理由を4つご紹介していきます!

小学生の段階では今後どれくらい体が成長していくかわからないので、是非参考にしていただきたいです!

少年野球のうちは全員ホームランバッタ―を目指すべき理由4つ

40年前のエース

俺が少年野球の頃はフルスイングすると怒られて試合に出れなくなったことあったな

タカシ

そうなんですか・・・しかしそれは指導者がいけませんね。

子供が野球を始めるキッカケの中でプロ野球選手がホームランを打つ姿に憧れて始める子供が多いです。

僕も元ヤンキースの松井秀喜選手が巨人時代に打っていたホームランに憧れて野球を始めました。

それくらいホームランというのは魅力のあるものなのです。

しかし、プロのホームランバッターに憧れて少年野球を始めたのに指導者が子供の憧れを踏みにじるような事をしてはいけません。

では、少年野球のうちは全員ホームランバッタ―を目指すべき理由を4つご紹介していきます!

・少年野球のうちはホームランバッタ―を目指すべき理由

  1. スイングの感覚は小学生である程度決まってくる
  2. 子供の可能性を最大限伸ばすことが出来る
  3. 子どもが楽しく野球が出来る
  4. 体が出来てないので技術を教え込む段階ではない

それぞれ解説していきます!

スイングの感覚は小学生である程度決まってくる

40年前のエース

少年野球の段階でフルスイングやってきた選手は大きくなってもフルスイングが出来るよね!

タカシ

そうですね!もう体に染み込んでるので、意識しなくてもフルスイングできます!

スイングの感覚というのは、小学生である程度決まってきます。

そのため、少年野球でやってきたスイングの根本的な力の出し方が中学、高校に繋がっていくのです。

フルスイングを根本的に体に染み込んでいれば、大きくなってもフルスイングはしていくことが出来ます!

少年野球の段階である程度スイングのスタイルが決まってくる

子供のバッティングの可能性を最大限伸ばすことが出来る

40年前のエース

今や体格に恵まれない選手でもフルスイングでホームランが打てる時代だからね!

タカシ

そうですね!もうホームランに体格は関係ないと言っていいでしょう!

少年野球の時から好きにフルスイングさせることが将来的には力強い打球を打つ選手へとなっていきます!

フルスイングというのはインパクトの瞬間最大限の力をボールにぶつけることで、その反動でバックスイングが大きくなるスイングを言います。

よく大振りと見間違える方も多くて修正させられてしまう選手も多いですが、子供の頃からフルスイングさせることでスイングの上限値を最大限まで伸ばすことができます!

インパクトの瞬間にボールに伝えるエネルギーが大きければ、ボールは飛び、速い打球を打つことが可能ですので、空振りを気にせずフルスイングをさせましょう!

スイングによって生まれるエネルギーの最大値を伸ばすためにもフルスイングさせることは重要

子どもが楽しく野球が出来る

40年前のエース

思いっきりバットが振れるから子供からしても楽しいよね!

タカシ

そうですね!ホームランを狙って思いっきり振れる環境だと子供も伸び伸び野球ができて成長も早いと思います!

子供が野球を上達させるために大事なのは、まず野球が楽しいと思えるところからです。

野球に夢中になることができれば、好きに野球をやらせていても上達します。

なので、子供にはまず野球が楽しいと思ってもらえるように好きに野球をやらせるのも重要です!

心から野球が楽しいと思ってもらうことが第一

体が出来てない段階で技術を教え込む必要はない

40年前のエース

小学生はまだ体ができてないから技術を教え込もうとしても体がついてかないよね

タカシ

そうですね!まずは野球の基本である打つ、走る、守るを理解して野球ボールになれさせて行くことが大事ですね!

野球は長く続けていくと次第にボールにも慣れ、キャッチできたり打てたりして来ます。

全然焦らなくても続けていくだけで捕って投げたり、打つことが出来てきます。

投げる形や捕る形は教えるべきですが、細かな技術はある程度体ができてからが良いですね!

バッティングも構えから振るまでの一連の流れを教えてあげてあとは本人の自由に振らせることが成長に繋がります!

細かな技術よりもバットを振る楽しさを教えるべし

フルスイング出来る能力はあって損ない

40年前のエース

長距離砲だろうが足を活かす選手だろうがフルスイングが出来る能力はあって損ないと思う

タカシ

そうですね!最低限フルスイングできるような感覚を染み込ませておけばバッティングも活かすことができますね!

小学生の段階では皆が思いっきりスイングできる能力を身に着けておくことが大事です!

守備や走塁は練習していけば上手くなっていきますが、バッティングは練習だけじゃ補えない自分の直感やセンスがあります。

であるならば、小さいころからフルスイングができる感覚を体に覚えさせておけば走塁や守備に重きを置いてもフルスイングできる選手になれます。

バッティングは野球の中で一番難しいジャンルですので、できる限り早い段階でフルスイングが出来る感覚を染み込ませておくことが重要です!

どんなタイプの選手でもフルスイングできる選手は心強い

まずはボールに慣れること

40年前のエース

少年野球のやり始めとかはボールに慣れてない子が多いから、ボールに慣れ始めさせるところからだね!

タカシ

そうですね!野球ボールというものに慣れてないと形を教えても上手くこなせないですね!

少年野球の初期段階では、まずボールに慣れることが大事です。

ボールに慣れるのであれば遊びからでも構いません。

遊びで沢山ボールを打たせたり、投げさせたりすることでボールにも慣れてきます。

焦る必要はなく、長くボールとじゃれさせることを続ければ自然と打ったり捕ったり投げたり出来てきます!

ボールを扱うことに慣れさせることも大事

少年野球やらずとも野球が上手い小学生はいる

40年前のエース

チームに入って野球やってなけど野球が上手い小学生もいるよね!

タカシ

少年野球をやらずとも野球が上手い子供はいますね!

少年野球のチームに入らずとも野球が上手な子供はいます。

現に自分も小学生の時は少年野球をやっていない友達が自分より野球が上手いなんてこともありましたから(笑)

家でよくお父さんとキャッチボールやっていたり、バッティングセンターや公園で打って遊んだりしている子供は上手くなっていきます。

なので子供の段階では野球で思いっきり遊ばせる位の気持ちで良いのです。

子供に遊び心を持たせることが上達させる秘訣

子供も余裕が出来てきたら遊び心も持つことができて、色々なプレーに挑戦していけます。

なので子供には沢山チャレンジさせて、ホームランを狙わせたりフルスイングさせたり色々やらせてあげてください!

こちらの記事もおすすめ!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。